「本物」の食べ物を食べよう!北米で圧倒的な人気を誇るスーパー WHOLE FOODS MARKET (ホールフーズマーケット)

衣食住
スポンサーリンク

こんにちは、すん(@shunpostcom)です。

私は今大きなシェアハウスに住んでいて、冷蔵庫もスペースを割ってシェアしているのですが、人それぞれ食生活が違っていて興味深いです。留学生やワーホリで来ている人たちですが、日本から持ってきた食材や調味料を使って料理している人が多いですね。

カナダは移民の国なのでいろんな人種がいます。そしてそれぞれの国のスーパーマーケットがあちこちにあるんです。私はせっかくカナダに来ているので外国の食事を楽しんでいます。

これから他のスーパーマーケットも紹介していこうと思っていますが、まず1番目は知っている方も多いことであろうWHOLE FOODS MARKET(ホールフーズマーケット)から紹介しようと思います。

WHOLE FOODS MARKETは自然派、添加物フリー、オーガニックな食品やせっけんなど健康志向の方に愛されている人気のスーパーマーケットです。TTC(地下鉄やバス)で行ける範囲には3店舗あります。

WHOLE FOODS MARKET
87 Avenue Rd, Toronto, ON M5R 3R9

青果、精肉、鮮魚はもちろん化粧品やおやつなどもオーガニックなものを取り揃えています。オーガニックって高いイメージがありますが、とびぬけて高いわけではありませんでした。中華スーパーや韓国系スーパーは安さでは断トツかもしれませんが、安さの理由が気になってしまいますよね、、(笑) WHOLE FOODSの食品なら安心して購入できます。

こちらはお惣菜コーナーです。自分で好きなものを取って重さで値段が変わります。野菜は全てオーガニックでした。種類がとても豊富で、ベジタリアン向けもしっかり用意されています。高頻度で鮮度管理されているので、いつ行ってもパサパサに乾いているものはありませんでした、すごい!

イートインスペースで食べる場合はお皿を取ってそれに盛り付けます。それをそのままレジに持って行くだけです。有料ですが持ち帰り用ケースもあります。

ハンドメイドの色がきれいな固形せっけんがディスプレイされていました。3つで7ドルなら試せる額ですね。またWHOLE FOODS MARKETのプライベートブランド「365」も低価格で高品質と評判があります。365ブランドからはヘアケア、ボディケア用品から食品まで幅広く生産されています。

厳選された食材を使って製造されたパン、アイス、おやつもあります。そこらのファーストフードで食べるよりWHOLE FOODS MARKETで食べる方が安心かつ味も高品質です。

精肉、鮮魚コーナーです。清潔な冷蔵庫できれいに並べられています。カナダのスーパーでは大抵このようにグラム(もしくはパウンド)で言って買うことができます。すでにパック済みの販売もあります。

人気のエコバッグはカラフルで色選びに迷ってしまいます。スーパーでは基本的にプラスチックバッグ(=ビニール袋。 WHOLE FOODS MARKETではプラスチックバッグではなく紙袋ですが)は有料のため、ほとんどの人はエコバッグを持ち歩いています。

たまに日本でもWHOLE FOODS MARKETのエコバッグを使っている人をみかけますね。WHOLE FOODS MARKETはまだ日本にありませんし、色鮮やかでとてもかわいいのでおみやげに買っていくのもいいかもしれませんね。

以上、WHOLE FOODS MARKETのご紹介でした。身体にいいものを食べて、留学・ワーホリ、カナダライフをもっと楽しみましょう!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました