オンタリオ州フォトカード(身分証明証)の申し込み方法と注意点

海外生活
スポンサーリンク

ある日、音楽フェスに行った時のことです。コンサートチケットは事前にオンラインで手に入れ、スマホ画面のバーコードを見せれば入場可能!準備OK!!いざ会場に行くとスタッフは私に”ID?”

んんんんんNO、持ってないです。。ダメもとで日本の運転免許証を見せたところ、これじゃわからないと言われました。そりゃそうですよね、カナディアンが昭和、平成とか年号を知るわけない、、(ちなみにこの日奇跡的に日本語が話せるセキュリティスタッフがいたので通してもらえましたが笑)

常にパスポートなんて携帯したくないですから、このように身分証明ナシで生活していました。

スマホにパスポートの写真を撮ってそれを見せてOKとしてくれるケースもあるのでそれほど困ることではなかったのですが、今回ネットバンクを作りたいがためにどうしてもカナダ発行の身分証明が必要になったので作成することにしました。

今回はオンタリオフォトカードの申し込み方法とオンタリオ州運転免許証との違いについてシェアします。

オンタリオフォトカードとは

カナダ、オンタリオ州政府が公式に発行している身分証明カードで、作成日から5年間カナダ在住者であることを示すことができます。

クレジットカードと同じポケットサイズなので財布に入れておきやすいです。パスポートを持ち歩かずに済みます!パスポート失くすと相当困りますからね!!

日本で例えると住基カード(住民基本台帳カード)に近いものです。運転免許証を持たない人のための身分証明証になります。

何が書かれているのか

  • 名前
  • 住所
  • 生年月日
  • 顔写真(モノクロ)
  • 作成日/有効期限
  • 性別
  • 身長
  • 識別番号

こんなとき役に立つ!

  • カナダの銀行口座開設(※)
  • お酒やたばこを買う(年齢チェックのため)
  • コンサートへ行く(本人、年齢チェックのため)
  • オンラインショッピングなどでの店舗受取(本人チェックのため)
  • パスポートよりも小さく持ち運びやすい

などなどその他本人確認が必要な場面で効果を発揮してくれますよ!

(※)銀行口座開設にはカナダ5大バンク(RBC、Scotiabank、TD、BMO、CIBC)の口座開設にフォトカードおよびドライバーズライセンスは不要です。ネットバンク(Tangerine、Simpiiなど)の口座開設時に必要です。

ちなみに昨年ついに大麻(マリファナ、ウィード)が合法化され公認販売店が増えてきていますが、大麻を購入するときオンタリオフォトカードだけ見せてもお店に入場すらできません。大麻はカナダ人のみに所有および使用が許されているためカナダのパスポートも持っていないと購入できません。

たとえカナダ国内だとしても日本人が大麻やったら犯罪になるそうですから絶対にやっちゃダメですよ!!

申し込み方法

申し込みはService Ontarioにて行っています。オンラインでの申請は用意されていません。直接オフィスまで行く必要があります。

ちなみにこれはServiceOntarioが行っており、Service Canadaでは受け付けていません。多くの人がよく間違えるので注意です!

フォトカードを申請できるServiceOntario

営業時間は平日8:30am-5:00pm

トロント市内では以下の2つがあります。

  • Sheppard Yonge駅近くのService Ontario
47 Sheppard Ave E Unit 417, North York, ON M2N 5N1

Googleマップを見ながら行ったのですが分かりづらかったので写真を載せます。

Sheppard Yonge駅をHULLMARK CENTER側出口から出て右に進みます。(1階にRexallドラッグストアがある建物)

するとDoris Ave.バス停が見えるのでそこを右に曲がります。

少し進んだところに「47」のビルがありますので中に入り、エレベータに乗ります。階数は4階です。

  • ダウンタウンCollege駅近くのService Ontario
777 Bay Street Market Level, Toronto, ON M7A 2J3

こちらはCollege駅から近いService Ontarioです。

天井にある看板を見てService Ontarioと書かれた方向に進みましょう
Service Ontarioの緑の看板があります

申請の流れ

  1. Service Ontarioに行く
  2. 受付窓口でOntario Photo Card作成にきたと伝える
  3. 番号札をもらい呼ばれるまで待つ
  4. 呼ばれたら番号のカウンターへ行き、パスポートとビザ証明書を見せ、出される書類に記入する
  5. その場で写真撮影する
  6. 申請料金35ドルを支払う(カード可)
  7. 申し込み完了!
  8. 1か月程で記入した住所へ配達される!

身長を聞かれますので測っておきましょう。身長はフォトカードに記載されます。僕は測ってませんでしたので正確ではありませんが大丈夫でした。

受付窓口はこんな様子です。Ontario Photo Cardを作りたいことを伝えます。
受付窓口でもらえる整理券です。これをもって番号が呼ばれるまで待ちます。
番号はモニターにも表示されます。

こんな紙を渡されるので内容を理解したうえでサインしてくださいと言われます。この紙は2枚重ねになっており、カーボンコピーの方を控えとしてもらえます。

ご覧の通り記載事項が長ーいので、そんなにすぐに読めない!と焦りました。。みなさんは事前にこれを読んでおくと楽でしょう。

申請時の注意点

他の留学エージェントサイトやブログなどを見ていて、Ontario Photo Card申請で「日本の免許証を没収される可能性がある」という記載をみかけました。ちなみにこれはオンタリオドライバーズライセンスを申請する時でも同じです。

私の知り合いは、日本の免許証を渡さずに済んだ人もいれば、そうでない人もいます。ネット記事だけ見た感じだと没収されるのかされないのかはっきりわからなかったので直接行ってService Ontarioスタッフに聞きました。

ルール上、「いかなる国の運転免許証であっても、Ontario Photo CardまたはDrivers Licenseと同時に持つことは出来ない」とのことです。これは申請時に記入する用紙にはっきり記載がありました。

You cannot hold a photo card and a valid driver’s licence (DL) from any jurisdiction at the same time.

というわけで「日本の運転免許証は持っていない」と答えればOKです!

今回はオンタリオフォトカードの申請についてでした!オンタリオドライバーズライセンスも同じくServiceOntarioで作れるのですが、自分はカナダで運転することはないだろうと思いあえてフォトカードにしました。申請料金も安いですし笑 まあ運転したくなったらまた申請しに行けばいいです。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました