トロントで本物のカレーを食べるなら GANDHI Indian Cuisine ベジタリアンにもおすすめ!

衣食住
スポンサーリンク

今日も30度を超える暑いトロントです。

さて、暑い日に食べたいものと言えば、、、

カレーですよね

ということで世界の文化が集結しているトロントならインド人がやってる本物のインドカレー屋さんがあるに違いないと思い、見つけました、GANDHI Indian Cuisine

インドカレーってナン付いてくるやつでしょ?と思いきやここは一味違うんです!

ガンディ、名前からしてもう信頼できますよね。早速行ってきました。

場所はダウンタウンのQueen Street West沿いにあります。TTC Queen駅からだとかなり歩くのでTTCストリートカーを使うとよいでしょう。Queen StreetのTTCストリートカーは501番です。

554 Queen St W, Toronto, ON M5V 2B7
11a.m.–8p.m. 土日は休み

店内は狭くて基本的にはテイクアウトのようです。カレーのおいしそうな香りが漂っていて食欲を刺激されます。

カウンターの下にある冷蔵庫にはフライドチキンやラッシーなどがありました。僕はそういうのはいいのでとにかくカレーです。

一応テーブル席が3つほどありました。サーモンピンクの壁がかわいいです。

値段は大体10~16ドルほどです。当方成人男性ですが1つでお腹いっぱいになります。初めてだったのでとりあえず定番のマトンカレー、バターチキンカレーを注文しました。

ベジタリアン、ヴィーガンメニューも充実していますのでお肉を食べない方にもおすすめです!

ここでナンかライスの選択があるのですが、もちろんナンを選択。ライスだったら自分で作れるし。そして前にも申した通り、ここのナンは他とは違うんです。

さて待つこと20分、ようやくカレーが…待ってNANIKORE

なんかクレープみたいなやつが来ました。

はさまれているレシートにはマトンカレー、バターチキンカレーと記載されています。このクレープの中にカレーが詰まっているんでしょうか

ナイフを突き刺すと中にはぎっしりとカレーが詰まっていました!とってもいい香りがします!ここのカレーは薄めのナンでカレーをパックしているんです!

クレープっぽいので片手で食べたいですが気持ちは抑えてナイフとフォークで食べましょう。持ち上げるとずっしり重く感じるほどカレーが詰まっており、熱いので危険です。

クレープのようなナンは生地は普通のナンに比べ薄くて食べやすいです。またもちもちした食感がカレーとマッチしています。あとナンって甘い味がすると思うんですが、これは甘さほどよい感じでした。

マトンカレー

マトンとは羊肉です。お肉もゴロゴロ入っていて食べ応えがありました。日本円だと千円も出してるので具はしっかり欲しいところですしね笑

そしてカレーの味、インドカレー独特のスパイスが効いてます。そして結構辛い!!いやー暑い日に最高ですね!!中で食べるなら頼むと水をもらえます。

お肉たっぷり!!

辛いので食べるのに時間がかかってしまいましたが完食!!

結構お腹いっぱいになります。これはランチに食べたんですが夕食は軽めでよかったですね。

ごちそうさまでした。

インドカレーって日本のカレーや欧風カレーとは全然違う味ですけどこれはこれで美味いですよね!日本ってラーメン屋よりカレー屋の方が多いらしいってなんかで見ました!

トロントにはヴィーガンレストランをたまにみかけますが、カレーならヴィーガンやベジタリアンの人でもお肉を食べる人でも食べられる素晴らしい万能メニューですよね!

暑い日に熱い本物のインドカレーを食べて栄養をとって夏バテしないように楽しみましょう

S&B 噂の名店 バターチキンカレー お店の中辛 200g×5個

新品価格
¥1,241から
(2019/7/17 04:11時点)

私が東京に住んでいた時にたまに行っていた欧風カレーの名店ボンディのレトルトパックが登場してました。ぜひトライしてみてはいかがですか^^

神田カレーグランプリ 欧風カレーボンディ チーズカレー お店の中辛 180g×5個

新品価格
¥1,667から
(2019/7/17 04:12時点)

世界のカレー図鑑

新品価格
¥1,706から
(2019/7/17 04:14時点)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました