海外旅行、留学で手数料を安く抑える方法!おすすめクレジットカード、デビットカードまとめ

海外生活
スポンサーリンク

こんにちは、すん(@shunpostcom)です。

海外へ行くと決まれば必要になるのがお金ですが、トロントでは現金よりもカードで支払うことが多いです。 屋台のホットドッグ店でもカード端末が置かれているほどカード決済は浸透しています。

現地の現金を日本にいるうちに両替しておく人がたくさんいますが、私はやりませんでした。なぜなら両替ショップの両替手数料がとても高いんです。。海外ATMからカードを使って引き出し(またはキャッシング)した方が安く済み大金を持ち歩かずに済むため安全です。

間違いなくクレジットカード、デビットカードはあなたの助けになってくれます。海外へ飛び立つ前にクレジット、デビットカードを必ず作っておきましょう。

ただカードってたくさんあってどれを選んでいいか分かりませんよね、実際に私も調べるのにかなり時間をかけてしまいました。。これを見ているあなたはそんなことに時間をかけるより現地の観光情報など調べるのに時間を使うべきです!

それではいくつか海外での利用におすすめな厳選したクレジットカード、デビットカードをご紹介します。

用語の説明

日本ではなじみのないカードだったり似たようなものがあったりややこしいので、簡単に用語の説明をします。

  • クレジットカード  :支払い能力の審査あり、買い物すると登録した銀行口座から翌月に引き落とし。
  • デビットカード   :支払い能力の審査なし、買い物すると登録した銀行口座から即時に引き落とし。
  • プリペイドカード  :支払い能力の審査なし、最初にチャージ(入金)してから使う。銀行口座の登録不要。
  • 銀聯カード     :国際ブランドの1つ、別名UnionPay。シェアは世界でVisaに続き2位。クレジット・デビットあり。
  • キャッシュパスポート:トラベレックスジャパン社が発行するプリペイドカード。手数料が高いので今回は紹介ナシ。。
  • トラベラーズチェック:アメリカンエクスプレス社が発行する旅行小切手。TCと略す。日本での販売は現在されていない。
  • キャッシング    :クレジットカードを使ってカード会社から現金を買うこと。返済は手数料を加え翌月に行う。

なぜクレジットカード/デビットカードを作っておくべきなのか?

そのほかにも支払う方法は現金やトラベラーズチェックなどありますが、私がなぜクレジットカード、デビットカードを推すのか、それは以下の点にあります!

  • 紛失しても利用停止処理をすれば被害0
  • 本人しか利用できないので不正利用に強い
  • もし不正利用された場合、問い合わせて返金を依頼できる
  • かさばらないので携帯しやすい
  • チップの計算が楽 (カード端末からチップを何%、何$払うか指定できる)
  • 利用履歴が記録されるのでお金の管理がしやすい
  • 海外旅行保険、空港ラウンジ利用などお得な特典が付いてくる
  • ポイント、マイルが溜まりやすい
  • クレジットカードが無いと支払えないサービスがある(Uber、オンラインショッピングなど)

作るカードは必ず海外利用可能な国際ブランドのカード会社を選ぶことが大前提です。それらはVisa, MasterCard, AMEX, 銀聯(ぎんれん)が代表的です。まれにVISAだけ使えなかったり、AMEXだけ使えなかったりするので、それぞれ持っておくと安心です。私はとりあえずVisaで作りましたが使えなかったお店は数店だけです!迷ったらVisaにしておけばOKです!

逆に言うとJCBはトロントでの利用に向いていないカードだと思います。JCBは日本発の国際ブランドですが、トロントで利用できるお店を見かけません。

海外に来たら思い切りショッピングを楽しむ方もいると思いますが、やはり店頭販売よりオンラインサイトのほうが圧倒的に安いです。基本的にオンラインサイトではクレジットカード払いのみです。日本のような代引きはトロントに無いのです。。

カードは複数枚作っておくことをおすすめ

私はメインで使うカードが磁器不良で読み込み不可になってしまい、慌てて再発行を依頼しました。日本を出発するギリギリ前だったので間に合って本当によかったです。。

これは海外滞在中にまた起きることもあり得るので、日本にいるうちにカードは最低2枚以上作っておくとよいでしょう。会社を辞めてワーホリに行く方は審査があるので通りやすいように会社を辞める前に作っておきましょう。

狙うべきカード特典とは

海外利用に特化したカードがあります。狙うべき特徴は以下になるでしょう。上から優先順に書いています。

カード選びはポイントやマイルが貯まる還元率の高さで見ることも一つの方法ですが、最も利用するであろう決済手数料、両替手数料をポイントに考える方が結果安く済みます。(私のようにどこが一番高い還元率か?!と探し回って時間を無駄にしないでくださいね。。)

  • 決済手数料が安い (1回の支払い取引にかかる手数料)
  • 海外ATMでのキャッシング(両替)ができる
  • 両替手数料が安い (海外ATMから現地の現金を引き出すときにかかる手数料)
  • 海外旅行保険が付く(※)
  • ポイント、マイルが貯まりやすい
  • 空港ラウンジ利用権が付く

(※)クレジットカードに付帯する海外旅行保険はおおむね最大90日間です。旅行や短期留学には十分かもしれませんが、中長期の渡航には別で海外旅行保険の加入が必要です。

海外利用でおすすめな年会費無料のカード

カードがありすぎて選ぶのに時間をかけました。。私が使っているものを含めた海外利用に適したカードをご紹介します。

これから海外へ行こうと考えている方にとって、こういった時間がかかりそうな手続き系は早く済ませたいですよね。できるだけ承認が早くておりやすいものをピックアップしました。

NEOMONEY

いきなりクレジットカードでもデビットカードでもないカードですが、このクレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】 銀行口座との連携が必要ないので来たらすぐに使える海外での即戦力カードです!使う分だけチャージして使うので、留学に行くお子さんに持たせるには安全でうってつけです!

国内・海外のVisaまたは銀聯加盟店でのショッピングや海外ATMでの現地通貨引き出しなど、 世界各国で便利に使える海外専用プリペイドカード です。クレジットカードと異なり審査がないので、 明らかないたずらをのぞけば100%近い承認率を誇ります。

「国内・海外カード」と「海外専用カード」がありますが、「国内・海外カード」の方が国内でも使えて便利なのでそちらを選びましょう。

▼▼NEOMONEYのお申し込みはこちら▼▼
海外旅行にはコレ!NEOMONEY

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト はイオン銀行が発行するイオン銀行キャッシュカードとクレジット機能が一体になったカードです。2枚分が1枚になり財布の中がすっきりします。

メリットは普通預金でも高い利息が得られることです。しかもトップクラスの利息率の高さです。海外では万が一のためにもたくさんお金を用意しておくと思いますが、そのたくさんのお金たちをほったらかしにしておくのはもったいないです。イオンカードセレクト保有者限定ではありますが、イオン銀行口座に預けておけば、高い利息が得られる(0.03%~0.15% ※)ためおすすめです。三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行ではたったの0.001%の利息なので、イオン銀行に預ければ30~150倍も利息がもらえますね!!

※ 2019/4/1からの利息率。2019/3/30までは0.05%~0.12%。

オンラインサイトで簡単に口座開設をお願いでき、審査もすぐでした。(公式では審査30分と宣伝されてます!)そして今すぐに必要な場合はオンラインで申請した後、イオンモール店舗の即日発行カウンターにてすぐにカードを手に入れ使うことができちゃいます。早すぎる…

心配なのがATMの数ですが、地方に住んでいた時はイオンモールやマックスバリューにありますし、都内に住んでいた時もまいばすけっとやミニストップ、マルエツ、いなげやなどにあります。また三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行で使う場合でも入出金手数料無料なんです!なのでATMの数で不便に感じたことはありません。

いまなら最大6000円相当分のポイントもらえるキャンペーンやってます!5月末までです!

ミッキーのかわいいデザインは残念ながらJCBブランドしかないため海外利用に向きません。。Visaブランドで通常デザインの方を作りましょう。

▼▼イオンカードセレクト お申し込みはこちら▼▼

イオンカードセレクト

ソニーバンクウォレット

ソニー銀行が発行するデビットカード、ソニーバンクウォレットはソニー銀行キャッシュカードとデビットカードが一体となったVisaデビットカードです。キャッシュカードと2枚持たずに済むので財布の中がすっきりします。

クレジットカードも出ていますが、海外利用におすすめなのは断然デビットカードの方です!

使い方はシンプルでソニー銀行に外貨預金を開設して外貨を入金しておき、海外利用時はその外貨預金口座から決済手数料がかからずに引き落としされます。

実際に私も使っていますが、手数料無料は大きなメリットです!クレジットカードではカード会社独自の為替レートで換算されるので、為替レートの金額よりも数%高く請求されてしまうんですが、ソニーバンクウォレットは自分のタイミングで為替レートを見て両替しておき、口座から即時引き落としなので現金感覚でシンプルなんです。

専用アプリもあり、決済履歴が見やすくてお金の管理に助かっています。

いまならはじめの2カ月限定で国内利用5回すれば1,000円もらえるキャンペーンをやっています!

(追記)カナダでVisaデビットを利用する時はデビットと伝えてカード端末に入れるとエラーになります。そのためクレジット(またはVisa)と伝えて試してください。

なぜならカナダ国内でのデビットとは”Interac”という会社のものだけを指しており、それ以外はデビットとして扱われません。日本ではVisaデビットという名前でデビットカードとして使えても、カナダでは違うんですね。

▼▼ソニーバンクウォレットお申し込みはこちら▼▼

ソニーバンクウォレット

年会費を払ってでもおすすめできるカード

基本的には年会費無料のカードでも十分に特典が付いていて問題ありません。

もう少し手厚いサポートが欲しい、と思ったらカードのグレードアップを考えてみるのも良いでしょう。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAカ~ド♪でお馴染みのクレジットカードです。この三井住友VISAカードは日本初のVISAカードで歴史が長いので、ユーザーがたくさんいることで実績が多く安心できます。海外旅行や留学におすすめされており、実際に私のワーホリ友人も結構持っている人がいます。

また珍しく顔写真付きカードにも出来るためICチップと組み合わせてより強いセキュリティにすることが可能です。

三井住友VISAカードだけでかなりの種類があるのですが、コスパに優れるものは「三井住友VISAクラシックカード 」で海外旅行保険が付帯します。

年会費は初年度無料で、学生の方なら在学中ずっと無料です!2年目以降は1,250円/年かかります。社会人の方もこの年会費はあることをすれば無料にできるんです。年に1度だけ「まいペイすリボ(自動リボ払い)」に登録して利用するだけです。これで1,250円が浮きます。リボ払いが嫌な人はこの後すぐにまいペイすリボを解除して、別のカードを使いましょう。

いまならお買い物50回のうち1回の確率で全額タダになるキャンペーン実施中! 上限は10万円までですが、十分嬉しい額ですよね(笑)このキャンペーンは5月31日までですのでお早めにゲットしちゃいましょう!


▼▼三井住友VISAカード お申し込みはこちら▼▼

お申込はこちら

楽天プレミアムカード

このカードの特徴を述べる前に、“Priority Pass”(プライオリティ・パス)というものをご存知でしょうか?これは世界の空港ラウンジを利用できる会員権です。オフィシャルサイトから入会できるのですが、会費がかなりかかってしまいそれでも贅沢したい人向けといったものでした。(最安でも年会費US$99+利用1回につきUS$32)

それが楽天プレミアムカードにすると特典で付いてきます。

日本の空港は比較的安全で清潔なのですが、海外の空港はすべてそうとは限りません。またアメリカの空港ではテロ対策でコインロッカーが設置されていないんです!!荷物を離れてトイレに行くのはちょっと怖いですよね、そんなとき空港ラウンジ権を持っていればより安全に空港での時間を過ごすことができます。

空港によりますが、ラウンジには例えばこんな特典があります。空港は混雑しますので、これら特典は本当に助かりますよ。

  • フリーWi-Fi完備
  • シャワー無料
  • 軽食無料
  • アルコール、ドリンク無料
  • 充電コンセントあり
  • 快適なソファー、テーブル席
  • ラウンジ内トイレあり

年会費に10,800円かかりますが、その元はすぐに取り返すことができます

まず入会時特典として今なら最大13,000楽天ポイントがもらえます。この時点でもう1年分の年会費を上回っていますね。さらに海外旅行保険も付いて、プライオリティパスの会員権が無料で手に入ります


▼▼楽天プレミアムカードのお申し込みはこちら▼▼

楽天プレミアムカードお申し込み

これらカードのおすすめの使い方

それぞれ特徴に長所、短所がありますので私は短所を補えるようにこれらカードを全部作って以下の使い方をしています。

メインのショッピング利用には決済手数料が安いソニーバンクウォレットまたは NEOMONEYを使い、万が一使えなかった時のために三井住友VISAカード、楽天カードを控えています。

  • ショッピング利用(メイン)→ ソニーバンクウォレット、NEOMONEY
  • ショッピング利用(サブ) → 三井住友VISAカード、楽天プレミアムカード

預金の利息が高いのでお金はイオン銀行をメインに預けます。毎月1回他行への振込手数料が無料なので、イオン銀行からソニー銀行へ日本円を移し、ソニー銀行でカナダドルに両替して使っています。

  • 日本円or米ドル用の外貨預金口座 → イオン銀行(イオンカードセレクト)
  • カナダドル用の外貨預金口座 → ソニー銀行(ソニーバンクウォレット)

海外旅行保険の特典での利用として三井住友VISAカードまたは楽天プレミアムカードを持ちます。

  • 海外旅行保険として利用  → 三井住友VISAカード、楽天プレミアムカード

カードの特徴の一覧表

以下は2019年3月調査時のものです。リンクを貼っておりますので、詳しくは各社ウェブサイトをご覧ください。

NEOMONEY
イオンカードセレクト ソニーバンクウォレット
三井住友VISAクラシックカード 楽天プレミアムカード
種類プリペイドクレジットデビットクレジットクレジット
年会費
無料
無料
無料
初年度無料、以降1,280円(条件を満たすと無料)
10,800円(入会キャンペーンで最大13,000Pバック)
カードが届くまで1週間。パルコ、ららぽーとで即日発行1週間。イオン店舗で即日発行1週間1週間1週間
決済手数料(ショッピング時)Visa為替レート(1.63%)+4%1万円以内 108円/回、
1万円超 216円/回
外貨預金口座に残高があれば無料、無ければ1.76%/回1.63%/回 (~2019/6/30)、
2.16%/回 (2019/7/1~)
1.63%/回
キャッシング利率×18%×18%18%
キャッシュカード付き×イオン銀行ソニー銀行××
国内ATM利用手数料(引出)×イオン銀行ATM終日無料、
三菱UFJ/みずほ/ゆうちょATM無料
月4回まで無料、以降108円/回××
海外ATM利用手数料(現地通貨の引出)200円/回
1万円以内 108円/回、
1万円超 216円/回
216円/回1万円以内 108円/回、
1万円超 216円/回
216円/回
為替手数料(円から外貨)×USD無料
CADは取扱い無し
15銭/USD
45銭/CAD
××
同じ銀行への振込手数料×無料無料××
国内他行への振込手数料×月1回まで無料、以降216円/回月2回まで無料、以降216円/回××
海外銀行への振込手数料(仕向け送金)×取扱い無し3,000円/回××
海外銀行から受取手数料(被仕向け送金)×取扱い無し無料××
円普通預金利息×年0.05~0.12% (税抜, ~2019/3/30)、
年0.03~0.15% (税抜, 2019/4/1~)
年0.001% (税抜)××
外貨普通預金利息×USD年0.7% (税抜)
CADは取扱い無し
USD年0.7% (税抜)
CAD年0.5% (税抜)
××
還元ポイント×0.5%国内利用で2%0.5%5%
特典取り扱い通貨が豊富、特にアジアは為替コストが安い毎月20日・30日はイオン5%オフ・新規開設後最大3か月間円→外貨の為替コスト無料
・毎月利用額の0.5%キャッシュバック
海外旅行保険、学生は在学中ずっと年会費無料国内海外ラウンジ利用、プライオリティパス無料海外旅行保険
注意点あらかじめチャージしておかなくてはいけない海外利用分は全てリボ払いになるデビットカードは不正利用された時の返金処理に時間がかかる年会費がかかる(まいペイすリボ登録+1回利用で年会費を回避可!)年会費がかかる(入会キャンペーンでもらえるポイント分で元は取れる!)
対象年齢満13歳以上満18歳以上満15歳以上満18歳以上満20歳以上

これらカードは全部作って持っておいてもよいものだけを厳選しました。

また、中長期滞在になる方は現地銀行のキャッシュカードやクレジットカードなど作ると思いますが、私は今のところ作っておらずこれら日本のカードだけで生活できちゃっています。

余計な手数料を払わず、面倒な手続きを避けるためにこれらカードの作成を検討してみてはいかがでしょうか。これから作る方は選ぶ時間がもったいないのでぜひ今すぐに作っておくといいですよ!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました