コスパ最高! 全品5.95ドルのレストランWAREHOUSE

衣食住
スポンサーリンク

全品5.95ドルで食べられるレストラン、WAREHOUSE(ウェアハウス)Queen St店に行ってきました。

人通りの多いクイーンストリートにあり、いつも通りかかるたびに見ると長い行列ができているお店なので美味しいのか気になっていました。

全品〇〇円っていうスタイルのお店は日本の居酒屋では見かけますが、トロントにはそんなに多くないと思います。そしてこのお店は5.95ドル、日本円で約500円なのでかなり安いんです。トロントで外食すると大体15ドルくらいしますから…

5.95ドルでどれくらいの量なのか、そして味は美味しいのか、確かめてきましたので写真とともにシェアします

 

WAREHOUSE Queen St店はOsgood駅から徒歩で数分のところにあります。
営業時間は毎日 11a.m.–2a.m.で遅くまでやってます! お昼やディナータイム7~10時あたりを避ければ空いていて入りやすいです。

 

入店時にパティオ席か店内か選べます。私は店内を希望しました。ちなみにパティオはこんな感じです。

店内の様子はこんな感じです。壁天井にはイルミネーションがたくさん貼られていました。
トロントのレストランは間接照明をよく使っています。ディナータイムは間接照明やキャンドルで雰囲気がすごく良いですよ!

壁にはスケートボードを再利用した照明器具がありました。FREE AIR GUITARとサインがありますね。ここで存分にエアギターを披露してください。

…注文してからかなり待ちました。待っている間はずっとテレビを見ていたのですが、写真を撮ったタイミングでたまたまおケツがうつってしまいました。なんかのパンクロック系のMVだと思います。

こちらがメニューです。
前菜やデザートのような軽いものから、サンドイッチやスパゲティなどがっつり食べられるものまで全部5.95ドル!注文するときは、どうせ小さいんだろうなあ、、と思っていました。

注文して最初に来たのがCRISPY YUM FRIED (さつまいものフライ)です。
さつまいもが使われているので普通のじゃがいもで作ったフライドポテトよりもオレンジ色の芋でした。カナダのさつまいもって日本のように甘みがありません。
となりにあるソースはマヨネーズかと思って食べたらまさかの甘いシナモンの味がしました。しょっぱいフレンチフライを食べたい気持ちで頼みましたが、これは甘いデザートなものでした笑 ビールは進みませんが、サクサクで美味しかったです。

次はBRAISED BEEF SPAGHETTI(蒸した牛肉とスパゲッティ)が来ました。
スパゲッティで少量だったらガッカリですからこれはどうかと思ってオーダーしてみましたが、5.95ドルでいいの??と思うほど量はあり、お肉もいっぱい入っていました!ソースはトマトソースでチーズとフレッシュバジルが乗せられています。スパゲッティの両脇にあるのはパンで、追加オーダーしたものです。パンは2.25ドルでした。

これはWAREHOUSE CAESAR SALAD(シーザーサラダ)です。
量はしっかりとあり、ベーコンとクルトンがクリスピーで美味しかったです。ほかのお店だとサラダって結構高いんですよ、サラダで主菜と同じくらいします。これも同じ値段でこの量なら満足です。

これらでまだ20ドルいってないんですよ?!やすいぞWAREHOUSE!!

安くておいしいし、立地もいいところなので空いていたらとってもおすすめなレストランです!
外食は高くて諦めていたワーホリや学生でもここなら気軽に来れるのでは!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました