Hogtown Veganで見た目も味もお肉なビーガン料理を食べてきた

衣食住
スポンサーリンク

前から気になっていたビーガン料理を食べにビーガンレストランに行ってきました。

ビーガン料理は主に菜食主義者の人向けの料理ですが、最近ではベジタリアンやビーガンの人だけでなくポピュラーなものとなってきており、身体に良いことで注目を集めています。

 

行ってきたお店はHogtown Veganと言うお店です。トロントのダウンタウンに2店舗あり、Bloor St沿いにある方に行きました。最寄り駅はTTC Ossingtonです。

 

店の看板には豚の絵があります。ビーガンなのになんで豚なの??

 

 

店内は壁紙が緑色できれいでした。野菜をイメージしているのかなーと。

 

そして何枚かレコードが飾られていました。私の好きなフランクザッパがありました。

 

カウンター席はこんな感じです。

 

メニューを開くと興味深いものばかりでした。名前で見たらお肉じゃんと思うものばかりですが、このレストランで提供される食事は全て100%植物ベースで作られています。もちろんソースやドレッシングに至るまでです!アレルギーのある人でも安心して食べられます。

 

 

最初に私が注文したものはバッファローウィングです。もう見た目は疑いようのないバッファローウィングです。

食べてみると中身は固い豆腐のようなもので作られているようでした。ソースの味が甘辛いバッファローウィングに使われるソースと同じ味がして、何も聞かなければお肉だと思ってしまいますね。つい本物のバッファローウィングのような食べ方をしたので骨があるかと思いきや、骨は無かったです。

 

次はフィッシュアンドチップスを注文しました。フィッシュフライがかなり大きめで食べ応えがあります。

 

フィッシュフライの中は豆で作られているような感じでした。さすがに白身魚を完全再現したとは思えないかもしれませんが味はおいしいです。

 

 

最後にビーフシチューを注文しました。牛肉はどのように再現されているのでしょうか?!

 

牛肉の代わりに付かれていたこの食材の正体は分かりませんが、食感は柔らかい牛肉でした。とろみのあるビーフシチューで、牛肉代わりの食材の他にはマッシュルームと餃子の皮のようなもちもちしたものが入っていました。

サイドにあるものはスイートポテトとカラードグリーンのニンニク炒めです。どちらもとても美味しかったです。

 

 

 

 

初めてのビーガン料理は全部が野菜で出来ているとは思えないほど予想以上にお肉でした。
食卓にお肉がないとなんか物足りない気がするかもしれませんが、このレストランに来てから見方が変わりました!
またビーガン料理にトライしてみたいと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました