トロント最大級のマリファナグッズ専門店THC(TORONTO HEMP COMPANY)をのぞいてみた

観光
スポンサーリンク

こんにちは、すんです。

昨日HEMP ENERGY DRINKについて書きましたが、カナダでのトレンドはマリファナです。マリファナは以前まで購入を許されませんでしたがカナダでは現在マリファナの購入ができるようになっています。マリファナ解禁以前からマリファナグッズショップは既にトロントにはたくさんありました。最初見た時はこんなところに簡単にマリファナが買えてしまうなんてさすが自由の国カナダ!と感動したものでした。このお店ではマリファナ自体は売っていませんが、それに使う器具を専門に扱っているお店でした。日本にはまずないタイプのお店でしたので面白いと思いこれをシェアします。

THC(TORONTO HEMP COMPANY)はトロントの主要ストリートであるYonge St沿いにあります。人通りの良いところにあり、前まで違法扱いだったのに堂々とし過ぎでしょ!名前のセンスもいいです、マリファナの成分THC(テトラヒドロカンナビノール)とかけてます。営業時間は11時~9時です。なおアイテムの購入にはオンタリオ州IDが必要になります。19歳以上でなければ購入できません。

お店に入ると中はとても広く、全部で3フロアありました。もう何に使うのか分からないですがとりあえず品ぞろえがすごいです!レジの前にはタバコの葉を巻くために使うペーパーや間に挟むフィルターなどがあり、ブランドもたくさんあるようでした。

グラインダーという乾燥させた葉っぱを砕くためのアイテムです。プラスチックとステンレス製のものがありました。右側にピカチュウみたいなやつがいます。

地下への階段を下るとそこはマリファナ栽培のためのアイテムがありました。マリファナと1つとっても色んな種類があるそうです。

温室栽培するためのものでしょうか、LEDの光がまがまがしいですね笑 小学生のとき学校でアサガオを育てさせられましたが、カナディアンはマリファナを育てる、なんて日も来るのかもしれません。

さて2階には何があるのかというと水パイプ(ボング)のコーナーでした。大小さまざまなサイズ、素材、形のバリエーションが多くて博物館のようでした。やはりカッコいい見た目のは値段も高かったです。200ドルを超えるものがごろごろありました。

うわあ右の方にリザードンみたいなやつがある笑 水パイプもこうしてみるとガラス細工ですよね。インテリアのアクセントにしても使えそうです。

誰か分かりませんがサインが書かれたすごそうな機械をみつけました。もう何に使うのか全く想像できません。これで吸引する??

以上、マリファナグッズ店の紹介でした。大体何に使うのか分からないものばかりでしたが新しい世界が見れて新鮮な気持ちです笑 こんなお店があるのもトロントならではですよね。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました