知らないと損をする、カナダ・トロントでの部屋探し

海外生活
スポンサーリンク

こんにちは、すん(@shunpostcom)です。

トロントでの部屋探しに苦労する人をよく見かけました。ほとんどはオーナーやルームメイトとのトラブルでこれは入ってみなければ分かりませんが、設備や周辺環境など事前に確認しておける項目もあります。部屋選びに失敗して引っ越しを何度もするのは時間の無駄です。トロントの部屋の特徴とおさえるべきポイントを知って、快適な部屋を見つけましょう。

今回はトロントでの部屋探しについてシェアします。今私はトロントに来て9カ月が経ちますが、引っ越しをしたとき確認しておけばよかった!と思ったことなど書いています。そしてうまいことストレスフリーで生きていくコツは「期待しない」ことだと思っています笑

主なトロントでの貸し部屋の種類

留学生、ワーホリ勢のトロント滞在はホームステイ、ルームシェアが一般的です。お金に余裕がある人ならばバチェラー、コンドの選択肢もあります。聞きなれない言葉がずらずらと出てきましたね、それらの意味はざっくりこんな感じです。

use大体の相場
Homestay (ホームステイ)家をそこに住む家族とシェア、基本的に食事付き。800ドル~
Room share (ルームシェア)家の部屋を複数人でシェア、トイレ・シャワー・キッチンは共用。食事なし。
500ドル~
Studio-Bachelor (スタジオ-バチェラー)いわゆるワンルーム、全て1人で使える。800ドル~
Condominium (コンドミニアム)分譲マンション。無料で使えるジムやプールが付いていることも。高いのでシェアの呼びかけをよく見かけます。1000ドル~

日本にあるような仲介業者はいませんので、直接オーナーとのやり取りです。なので仲介手数料が無く気軽に引っ越ししやすいです。

お部屋の名前

ホームステイ、ルームシェアで使われるお部屋の名前です。

use賃料
Master room (マスタールーム)一番大きな部屋。
Bedroom (ベッド―ルーム)寝室として作られた部屋。
Basement (ベースメント)地下、半地下(小窓がある地下質)にある部屋。地下だと夏は涼しく冬は暖かい。
Den (デン)書斎として作られた部屋。
Solarium (ソラリウム)大きな窓があり日光浴ができる日当たりのいい部屋。
Living room (リビングルーム)居間。共有スペースでもあるのでそれでも寝るだけならいいという方向け。

貸し部屋の探し方

一番いいのは人からの紹介です。これが一番貸し手借り手双方にとって安心できるからです。語学学校でホームステイ先やルームシェアを紹介しているところもあります。

それが出来なければインターネットで探しましょう。部屋情報は投稿されてから日が経っていないところ(長くても2~3日)を選びましょう。良い物件はすぐ埋まります。メールを出してもすぐ返事が来ないことはよくありますので気になったところにどんどんたずねてみましょう。

e-メイプル(日本人向けクラシファイドサイト)、kijiji.ca(キジジ/カナダのクラシファイドサイト)が有名で情報量が豊富です。

探すのにいい時期はいつか

3~4月は学生の入れ替えが激しくなり物件情報が増えます。

アポイントメントの取り方

内見したい物件が見つかったら連絡しましょう。掲載記事のコメント欄から連絡するか、記載されている電話番号かメールアドレスに連絡しましょう。

適当な捨てアドを作って連絡するのでいいと思います。以下は私がイーメイプルで部屋探しをした時のメールやり取りです。

Dear Mr. Mike
Hello, I'm Soon, a male from Japan.
I saw your advertisement (No.99999) on e-Maple.net.
I was wondering if I could come to for inspection of the room for rent.
Thank you for your time and I'm looking forward to hearing from you.
Soon

>>返信1
Hello
Monday to Friday after 3 PM
999 Sesami St. North York, ON
Let me know Day

>>返信が来たら内見時間を決める
Thank you for reply.
How about April 1st 4pm?
Soon

>>返信2
after 4 PM will be fine

>>相手の都合が良かったら
Ok, I'm going to come to there at 4pm.
See you then.
Thank you.
Soon

内見で確認しておくべきポイント

それでは内見で見ておくべきポイントを見ていきましょう。部屋探しって面倒くさいので早く決めたがってしまい細かいチェックを怠りがちです。。トラブルが起きたらもっっっと面倒くさいのでここは集中してチェックしてくださいね。

内見に出発する前に、インターネットでみた掲載記事を印刷またはスクリーンショットを撮って持って行くことをおすすめします。

絶対に確認しておくべき

  • 住んでいる(住むことができる)人数とその詳細

人数が多いと共有物の取り合いが起こります。トイレ、シャワー、洗濯機、乾燥機、キッチン、冷蔵庫・冷凍庫のスペースなどが自分の好きな時に使えなくなります。

英語を勉強しにきているので英語環境のホームステイ、ルームシェアを探したいところですが意外とオーナーやルームメイトとの交流ってありませんし家の中で会いません。

たくさんの人とコミュニケーションをとれるメリットは大きいですが、住まいについては少人数でいた方がストレスは少ないと思います。

またトロントの法律では家の規模によって住んでいい人数が決められています。「居住可能な部屋に住む最大人数は、居住可能な部屋の床面積9平方メートルごとに1人を超えることはできません。」とされています。

オーナーは知っていて当然のことなのですが、隠して人を多く住ませて摘発された場合には住居者が退居しなくてはなりません。 知らなかったで損をするのが借り手もなのです。。

Number of people
The maximum number of persons living in a habitable room cannot exceed one person for each nine square metres of habitable room floor area.

Bylaw enforcement – occupancy standards – maximum number of people – ceiling heights – size of rooms | www.toronto.ca
  • 室温

トロントでは室温の一定に保っておくことが法律で定められています。全ての家主は9月15日から6月1日まで最低気温21℃までを提供する責任があります。

Heating (Minimum temperatures)
All landlords are responsible for providing heat to a minimum air temperature of 21 degrees Celsius from September 15 to June 1. There are time periods during this stretch of time when the weather can be a bit warmer (September 15 to October 15 and May 1 to June 1), which can cause the temperature indoors to be above 21 degrees Celsius, resulting in uncomfortable living conditions for tenants.

Low or No Heat/Other Vital Services in Rental Units | www.toronto.ca

オーナーは知っていて当然のことですので、室温をはかるまではしなくてもいいかもしれませんが暑すぎたり寒すぎたりしないか時間帯や日にちをうまく調整して確認しましょう。こういった守るべき法律にルーズなオーナーはお金に対してもルーズなのかもしれないと疑ってしまいます。。

  • Wi-Fi速度

最もWi-Fi利用するであろう自分の部屋の中からWi-Fiスピードテストアプリなどを使って、速度が満足できるか確かめておきましょう。YouTubeやNetflixをスムーズにみるには50~100Mbps程あればいいでしょう。

住む人数が多いとWi-Fiも遅くなります。実際私はこれが嫌で引っ越しました。。

あとたまにまだインターネット利用無制限プランにしていない家もあるので、unlimitedかどうかも聞くようにしてください。後からネット使いすぎて高くなったから値上げする!とか言われないように…

YouTubeやNetflixがちっとも見られません。。
  • 洗濯機/乾燥機

洗濯機・乾燥機が無い物件もたくさんあります。なければコインランドリーでやることになりますが、コインランドリーは公共スペースなので色んな人が来ます。まれに危なそうな人に話しかけられ怖い目にあった人もいるので洗濯機は家にあった方がいいです。そしてトロントでは基本的に洗濯物を外で干しませんので乾燥機も必要です。

できたら確認しておくべき

  • 周辺の治安

治安のよさって確認方法が難しいですが、トロントのニュースサイトなどを見て事件が起きた周辺は避けるなど少しでも地域情報を頭に入れておくとよいです。

私はたまたま住んでいたホームステイのホストに警察官の友人がいたので近隣で起きた事件の情報など聞けたのですが、比較的安全と言われているカナダでも悲しい事件はしばしば起きています。

最近では中国人学生が誘拐されたり、去年はグリークタウンで発砲事件がありトロントがざわつきました。

夜は歩かないようにしてくださいね(夜中まで営業している店が少ないので出ることはないと思いますが笑)

  • 食料品の確保先(グローサリーストア、スーパーマーケット、レストラン、外食)
安いのにフレッシュ、カナディアンに人気のグローサリーストア NO FRILLS

トロントに来たら食生活が大きく変わることでしょう。日本でのファストフードって牛丼屋、かつ屋、うどん・そば屋、定食屋と結構日本食ばかりですよね。これらの類の店はほとんどありません。

お金をセーブしたければ自炊しましょう。食材はそれほど高くありません。安いスーパーのおすすめはNo Frills(ノー・フリルズ)です。

  • コインランドリー、カフェ、ジムなど

洗濯機・乾燥機が備え付けであっても念のためコインランドリーが近くにあるか見ておくことをおすすめします。洗濯機・乾燥機が故障したりルームメイトとの取り合いになったりしたときにすぐ使えるためです。

Wi-Fiもしかりです。私が住んでいた家はよく停電が起きました。するともちろんWi-Fiが使えなくなります。近くにフリーWi-Fiのあるカフェがあると安心です。

カナダに来て身体を鍛える方が多いようです。私もその一人です。トロント市内には24時間ジムが多くあり、シャワーも使えるので家で浴びられないときの予備のシャワーとしてジムの近くにするのも良いと思います。

  • オーナーが同じ家に住んでいるか

ルームシェアの場合、オーナーが家に住んでいる場合とそうでない場合があります。オーナーが家にいない方が気が楽ですよね。いないとそれはそれで困ることもありますが(例えば設備トラブルがあった場合など)大抵の場合すぐ来れる近いところに住んでいるはずです。

契約時の確認ポイント

家も周辺の環境もよさそう、ここに決めよう!と思ったら契約の交渉に入ります。お金が絡むので慎重に話を聞き、分からないことは質問して双方の認識のズレをなくしましょう。

  • 家賃および支払日(月払いか週払いかなど)

一番大事な家賃ですね、インターネットで見た金額と契約書の金額が違う!なんてこともざらです。直接オーナーの口から、そして契約書書面で金額が間違いないことを見てくださいね。

また、支払った後にレシートをもらうのを忘れないようにしてください。

  • 支払い方法(銀行振込、eメールトランスファー、小切手、カード決済、現金など)

ほとんどは現金払いだと思います。しかし現金を用意するのって銀行の引き出し手数料がかかりますよね。できたら手数料が抑えられる他の方法で支払い可能かどうか聞いてみましょう。

  • 入居日と退居日、チェックイン/アウトの時間

日にちだけではなく時間も確認してください。

ちなみに私はこんなことが何度かありました。一般的な宿泊施設だと例えば4月1日~4月30日までと契約した場合、チェックアウトは5月1日の朝10時と思いましたが、4月30日中に退居しなくてはなりませんでした。もし5月1日の朝10時に出たければ5月1日の1日分を支払わなければならないのです。。ホームステイやルームシェアは宿泊ビジネスであることには変わりませんが、ホテルのようにはいかないこともあるので注意です。

なので事前にオーナーと相談して退居日の翌日の朝に出てもいいか聞いてみるとよいです。

  • デポジット(預り金)の扱いと返却ルール

契約時にデポジットを払うのが一般的です。これは日本で言う敷金のようなもので、契約違反や部屋のダメージがなければ戻ってくるお金です。長く住んでいてきれいに使っているのを分かってもらえていれば、デポジットを最終月の家賃として使えるようにもできます。

デポジット金額は家賃1~2カ月分が一般的です。

契約違反とは例えば契約期間中に早期退居となった、禁煙なのにタバコを吸ってしまったなどです。オーナーは契約期間分の家賃収入が入る計算がくるうのを軽減するためこうした対応をとっています。

オーナーによってデポジット一部をクリーニング代としてとるなど色んなケースがありますのでどんな条件でデポジットがいくら戻ってくるか、確認してください。

  • その他発生する支払いがあるか

基本的には家賃、デポジット、たまにクリーニング費だけです。オーナーによっては他の理由でお金を取ることもあるでしょう。(洗濯機・乾燥機の利用料1回いくら、光熱費・水道代は別など)

支払わなくてはならないものは契約時点で (もう他にないですね?と念を押すように) すべて聞き、必ず契約書に残すようにしましょう。後からあれこれ言われて支払いが増えることのないように。

あるあるトラブル

隣人の騒音、食べ物を食べられる、人のものを使われる、人の服を着られる、人の靴を履いていかれる、たばこ臭い、マリファナ臭い、部屋の使い方が汚い、冷蔵庫の使い方が汚い、皿やキッチン道具を洗わない、トイレ詰まらせても放置、髪の毛詰まらせて放置、洗濯機・乾燥機に入れっぱなし、乾燥機のフィルターのホコリ放置、真夜中でもお構いなく料理したり洗濯機回したり、友達呼んでパーティー、やってもないことや陰口をオーナーに言われる、いちゃもんつけてきてオーナーがデポジットを返してくれない、オーナーの独自ルールが面倒、、

私もこの中でいくつか経験があります。特に日本人は集団生活に慣れていない人が多いと思うのでこういったことがあるとストレスになると思います。

小さいことは気にならなくなりますね、というか気にしていたらやってられないです。自分が悪い人にならないためにも知っておきましょう笑

とあるコンドシェアの悲劇

家賃を抑えるため複数人で1つの部屋をシェアする人たちがいます。その場合、個々とオーナーが契約していれば問題ありませんが、1つの契約としているとあるリスクが生まれます。それは誰かがバックレた時です笑

あるカップルが900ドルのコンドに住んでおりそれぞれ450ドルずつ支払ってオーナーに渡していました。ところが支払期限が近づいたある日その片方がいなくなりました。こうなると総家賃900ドルを1人で払わなければならなくなりました。オーナーに事情を説明したところで契約は1つなのでその契約者1人がすべての責任を負わなくてはならないのです。

以上、知らないと苦労する、カナダ・トロントでの部屋探しについてでした。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました