[格安海外送金]安い!早い!かんたん!ドルを日本の銀行口座に振り込み!トランスファーワイズ(TransferWise)の使い方

カナダワーホリ
スポンサーリンク

こんにちは、すんです。

多くの留学生やワーホリ勢の人たちはカナダの銀行口座を閉じてから帰国すると思いますが、さてカナダで稼いだお金、カナダドルをどうにかして日本円にしたいものです。方法はいくつか考えられますが、かんたんな方法はトランスファーワイズ(TransferWise)でした。

利用手数料は圧倒的に安く、為替は本当のレートを使っています。例えば日本のクレジットカードをカナダで使うとカード会社独自のレートで計算されて少し多めに払うようになっていますよね。トランスファーワイズは為替レートで比べてもお得です。

私はカナダの銀行CIBCからイオン銀行へ送金したのですが、2日後には入金されました。安いだけでなく早い!!銀行の海外送金サービスだとおおむね1週間はかかるようですから圧倒的な早さです。手数料は100カナダドルを送金してたった6.57カナダドルでした。

この記事はこんな人向け
・カナダの銀行口座にあるカナダドルを日本の銀行口座に円で送りたい
・海外の銀行口座にある外貨を日本の銀行口座に円で送りたい
・日本の銀行口座にある円を海外の銀行口座に外貨で送りたい

下の紹介ボタンから経由すると初回利用手数料が無料になります。(ただし送金限度額800カナダドルまで)ぜひご活用ください。

今すぐ手数料無料でトランスファーワイズを利用する

海外送金はトランスファーワイズ一強

トランスファーワイズがなぜ銀行やPayPalより安くて早いのか、その理由は独自の仕組みにあります。
銀行の海外送金では送り元と送り先の銀行間に見えない中継銀行を介すことがあり、中継したぶん時間も手数料もかかります。これを隠れコストと呼んでいます。トランスファーワイズはこの無駄な隠れコストが出ない仕組みになっているのです。

TransferWiseは独自のシステムによって、速く安い海外送金を可能にしています。

通常の銀行を通した国際送金はSWIFTと呼ばれる仕組みを採用しています。これは世界中の銀行を繋げるネットワークのようなもので、送金銀行→中継銀行→…中継銀行→受取銀行のように、数多くの銀行を介して送金が行われます。そのため、手数料が高額となり、送金に長い時間がかかってしまいます。

一方でTransferWiseは、送金人が自国にあるTransferWiseの口座にお金を振り込み、その金額をTransferWiseが受取人の国の口座へと振り込む、国内送金を生かした仕組みになっています。
(例)送金人の銀行口座→TransferWise日本口座 TransferWiseのアメリカ口座→アメリカの受取人の銀行口座

より詳しく仕組みを知りたい方は公式ウェブサイトのブログを見てください。

使い方

ここからカナダドルを日本円にして日本の銀行口座に送金する手順を説明します。反対に日本円から外貨にして外国の銀行口座に送金する手順は公式ウェブサイトのブログに載っていますのでそちらを参考にしてください。

私はAndroidアプリ版で試してみました。もちろんiOSアプリ版、ウェブブラウザでもありますが使い方はどれでも同じです。

TransferWise 海外送金アプリ

TransferWise 海外送金アプリ

TransferWise LTD無料posted withアプリーチ

下の紹介ボタンから経由すると初回利用手数料が無料になります。(ただし送金限度額800カナダドルまで)ぜひご活用ください。

今すぐ手数料無料でトランスファーワイズを利用する
 

上のボタンから経由するとこの画面からスタートします。
サインアップしてアカウント情報を作成します。グーグルアカウントを持っていればGoogleをタップしてかんたんにログインできます。

ログイン後、通貨選択の画面が開きます。カナダドルを日本円にして送金したいので、下の通貨をJPYに変更します。下の通貨(USD↓のところ)をタップすると通貨の選択リストが開きます。

JPYを探して選択

次に金額を入力します。送り元か送り先どちらかの通貨で指定します。入力後Continueをタップ。

この例では「100カナダドル送りたい」のでYou sendの数字のところをタップして「100」を入力しています。すると日本円の数字は自動的に計算され更新します。反対に「10,000円受け取りたい」のであればRecipient getsの数字をタップして「10000」を入力します。

誰に送金するか設定します。自分自身に送りたいため、Myselfをタップ。

 

送金先の情報を入力します。

Account holder name: 送金先の名前(銀行口座名義と同じくカタカナで入力)
Bank: 銀行名(例:ミズホ [0001]、イオン [0040]など)
Branch: 支店名(例:ガーネツト [001]など)
Account type: 普通 Futuuu / 貯蓄 Chochiku / 当座 Touza のどれかにチェック
Account number: 口座番号

全て入力したらContinueをタップ。

あなたの個人情報を設定します。カナダの住所、電話番号を入力します。

Country: 国
Province: 州
First name: 名前
Last name: 苗字
Date of birth: 生年月日
Occupation Type: 職業
Address: 住所
Phone number: 電話番号

全て入力したらSaveをタップ。

Verification(検証)という画面になります。Continueをタップ。

 

トランスファーワイズを使う目的をリストから選び、Continueをタップ。

たくさん選択肢がありますが、「Sending money to my own account to benefit…(自分の口座に送金)」を選びました。

リストの中身はこんな感じ

 

これまで入力した送金情報の確認画面です。入力した情報に間違いがないか下までスクロールして確認します。

問題なければConfirmをタップ。

支払方法を選びます。支払い方法によって手数料が変わります。
Debit Card(デビットカード)を選びます。
(画像は手数料がかかる時に行ったものなので手数料が表示されています。紹介ボタンから始めていれば800カナダドルまでの送金の初回手数料は無料になります。)

カード情報を入力します。

Card Number: カード番号
Card Expiry: カードの有効期限(月、年、CVC)

入力後、Pay100CADをタップ。

少し待ちます。

もう少し待ちます。

送金の準備が整いました。送金先に着金する予定日が表示されています。
Got itをタップします。

これで送金設定は完了です。あとは入金されるまで楽しみに待ちましょう。

Activity画面に戻ります。
作った送金情報が追加されています。タップすると詳細情報を確認できます。

詳細情報の画面です。

トランスファーワイズからすぐに送金情報のメールが届きます。

次のページでは何か間違えてトランスファーワイズにお金が戻ってきてしまったときの様子を書いています。興味があればご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました